NEWS TGMS +plus

NEWSとテゴマスのあらゆる情報を毎日更新

「トーキョーライブ22時」ハプニングだらけのサプライズ!

      2014/12/10

10月19日からテレビ東京で新スタートした「トーキョーライブ22時」トップバッターのMCを小山慶一郎くんが務めました。

初回ということで簡易的にレポを書いてみましたが、長くなったため3回に分けてお伝えしています。「小山慶一郎が明かすNEWSメンバーのドライヤー(秘)使用法」の続きです。

ハプニングだらけのサプライズ!

今回の放送では、無料通話アプリ「LINE」で無料配信中のナナナのスタンプを利用して番組公式アカウント宛に『おめでとうスタンプ』を募り、77万個を達成したらサプライズ!という企画を実行していました。77万個という無謀とも思えたチャレンジはあっさりと成功。サプライズセレモニー会場となる東京タワーへ中継が繋がれます。

サプライズ進行役の小島秀公アナが喋っているなかバックに映る東京タワーのライトアップが突然、消灯すると周囲がザワつき始め…実はサプライズとして小山くんの合図をきっかけに東京タワーのライトアップを消灯する予定が、ハプニングで小山くんの合図より前に暗転してしまったのでした。これには「え!?なんで~!?」とショックで苦笑いを隠せない小山くん。

しかし、サプライズはこれだけでは終わりません。暗転した東京タワーを再点灯させると、19日夜限定でナナナカラー(黄色)にライトアップするというスペシャルサプライズを発表!点灯準備に約16分かかるということで、しばらく待つことに。

スペシャルサプライズの発表を受けて、先ほどの消灯サプライズが失敗してしまったことを悔やむ小山くんは「消したかったな~」「だってさ、自分がきっかけで東京タワーを消せるなんて夢だよ?!」と言うと、「恐らくもう二度とないと思います」というナナナの一言に「もうないよ~~~!!!なんで消えちゃったんだよ~!」と悶絶。「このあと点火がありますから」となだめられると「点火が?!」と目を輝かせながら「よかったよかった~」とナナナの頭を撫でます。

後にわかったことですが、消灯サプライズは東京タワーへ中継を繋いだ際にテンションが上がりすぎた担当者が消してしまったということでした。悔しさをにじませていた小山くんも、これには手を叩いて大爆笑。担当者のテンションが下がってグッタリしているという情報が入ると「大丈夫です!全然気にしてない!いいのいいのもう!」「全然怒ってない!だって元々消せない物だもん。いいのいいの!」と画面越しに優しく励まします。

舞台は再び東京タワーへと移りますが、先程の一件から「これさ(中継を)振ったら、もう点いてるとかないよね?」と疑心暗鬼になりつつも「少しでいいから俺の楽しみを残しておいてくれ!」と中継を繋ぐと暗転したままの東京タワーに安堵します。ナナナから点灯における注意事項を説明されると、その通りに「スペシャルエネルギーモードON!ミラクルシャイニングタワー!」と少し恥ずかしい掛け声をかけて点灯レバーを引き、1分かけて点灯を待ちます。

再び映し出された東京タワーはどう見てもナナナカラーではなく、スタジオは失笑に包まれます。思わぬ結果に戸惑いを隠せない小山くんが「ちょっと待って、これはどのくらいイジっていいの?まず、黄色これ?ナナナ、これは黄色?」と問いかけると、ナナナは謝罪をしつつも「これだけは出たとこ勝負だったんで確認ができなかったんです」と失敗をフォロー。小山くんはリベンジを誓い「先輩を含め僕も毎週日曜日、頑張っていくのでよろしくお願いします!!」と今後の意気込みを伝えました。

番組終了間際、再び東京タワーへ中継を繋ぐと進行役の小島アナの隣には今にも泣きそうな顔で立っている照明担当の女性スタッフが…小山くんは励ましの言葉をかけますが「ヘコまなくて大丈夫だよ!ただ…消したかったぞー!」と会心の一撃ともいえる一言でスタジオを笑いに包み、エンディングを迎えました。

関連ツイート

gad336

gad336

 - 小山慶一郎 ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ジャニーズブログランキング

  関連カテゴリ新着記事