NEWS TGMS +plus

NEWSとテゴマスのあらゆる情報を毎日更新

加藤シゲアキ、『Mフェア』控室での小山慶一郎の行動に一言「おい、社交性ハンパねぇな」

      2015/12/20

2015年11月17日に放送された、小山慶一郎くんがパーソナリティを務めるラジオ『KちゃんNEWS』(毎週火曜 24:00-24:30ごろ/文化放送)にて。ゲストは、加藤シゲアキくん。

リスナーから寄せられた「どうしたら社交的になれるか」という相談にコヤシゲが答えていました。加藤くんは小山くんを例に挙げ、先日放送された『MUSIC FAIR』収録時のエピソードなどを明かしていました。

リスナーメール:新社会人になって半年が経ちましたが、いまだに上司たちとも参加する飲み会などの場に慣れません。他の同期は上司ともうまく話せていますが、私はうまく話したり輪の中に入ったりできません。どうしたら社交的になれると思いますか?
 
加藤シゲアキ:それはもう小山さんが、やっぱ社交性のお化け…。
 
小山慶一郎:お化け(笑)
 
加藤シゲアキ:社交性のお化けでしょ?(笑) モンスターオブ社交性。
 
小山慶一郎:ありますか?そんな社交的な部分が私に。
 
加藤シゲアキ:フフフフ(笑) 話して欲しいんだろ?あの話を!
 
小山慶一郎:いや、話して欲しいよ。だって俺おもしろかったんだよ、シゲが(笑)
 
加藤シゲアキ:フフフフ!(笑)
 
小山慶一郎:あれ本当、独り言だったよね?ボソッて言ったもんね、シゲね(笑)
 
加藤シゲアキ:なんて言ったんだっけ?俺。
 
小山慶一郎:「小山の社交性、ハンパねぇな…」って言ってた。一言。
 
加藤シゲアキ:あぁ~。なんか音楽番組があって。音楽番組なんだけど。俺ら以外にも、もちろんいるわけですよ。ゲストに。
 
小山慶一郎:そうね。
 
加藤シゲアキ:その中に、(東京)スカパラダイスオーケストラさんがいたの。
 
小山慶一郎:うん。
 
加藤シゲアキ:スカパラさん、すっごい人数いるじゃないですか?
 
小山慶一郎:そうね。
 
加藤シゲアキ:で、他にも(ゲスト)がいるんだけど。スカパラさんが一番最初にいて。あの、前室みたいなところがあるのよ。ちょっと本番始まるまで待機してるところで。
 
小山慶一郎:うん。
 
加藤シゲアキ:その次に、俺とメンバーで小山が一緒だったわけ。で、マイク付けたりして…っていうタイミングで、その大きな楽屋にスカパラさんと俺と小山だけっていうシチュエーションがきて。
 
小山慶一郎:うん。
 
加藤シゲアキ:もう俺、マイク付けられて端っこで立ってボーッとしてたら。
 
小山慶一郎:(笑)
 
加藤シゲアキ:なんか小山さんがもう、速攻でスカパラさんに話しかけたの。
 
小山慶一郎:話しかけた(笑)
 
加藤シゲアキ:なんか「衣装どうしてるんですか?」みたいな。
 
小山慶一郎:アハハハハ!(笑)
 
加藤シゲアキ:で、向こうも小山さんの衣装を…俺らの衣装を、すごいカッコイイから「すごい派手な衣装だね!」って。チラッと俺も見られるわけ、横目で!
 
小山慶一郎:うん、フフフフッ(笑)
 
加藤シゲアキ:「あ、どうも」みたいな。あの時にさ、それで衣装の話で本番始まるまでずっと喋ってんの!
 
小山慶一郎:(笑)
 
加藤シゲアキ:1対スカパラよ!?
 
小山慶一郎:フハハハハ!!(笑)
 
加藤シゲアキ:ハハハハ(笑)
 
小山慶一郎:だったなぁ(笑) あんなに皆さん、参加してくれると思わなかった~。
 
加藤シゲアキ:いやぁ~!パラダイスだったよ?(笑)
 
小山慶一郎:(笑)、コヤパラだったね!
 
加藤シゲアキ:コヤパラだった!
 
小山慶一郎:本当に。
 
加藤シゲアキ:で、「始まりま~す!」って言って。
 
小山慶一郎:そうそう。
 
加藤シゲアキ:笑いながら皆と一緒に行って。
 
小山慶一郎:「アハハ~!」つって。
 
加藤シゲアキ:俺、隣で…小山とまた会った時に「おい、社交性ハンパねぇな」つって。
 
小山慶一郎:アハハハ(笑)
 
加藤シゲアキ:怪物だよ!あれ。
 
小山慶一郎:何かしら楽器で入っててもわかんないぐらいな、いい感じのアレでしたから。
 
加藤シゲアキ:何?「気まずいな」とか一ミリも思わないの?
 
小山慶一郎:一ミリも思わなかったわ(笑)
 
加藤シゲアキ:だって、すごい大人じゃん!
 
小山慶一郎:いや、なんかだから…すごく衣装が素敵だったわけよ(笑)
 
加藤シゲアキ:素敵だった!お揃いでね!
 
小山慶一郎:で、「皆さんお揃いでどうされてるんですか?」って言って。「実はこう…オーダーしてるんです。でも中が自由でね」なんてお話されてて。
 
加藤シゲアキ:そうそう。
 
小山慶一郎:なんか(笑) そういう話で笑いを。
 
加藤シゲアキ:「すげぇラリーするじゃん!」と思ったもん。
 
小山慶一郎:(笑)
 
加藤シゲアキ:「すげぇ!続くねラリー!」つって。
 
小山慶一郎:いやぁ、なんかスカパラさん達はもう本当楽しいよね。話してて、皆さんやっぱ大人の方でさ。
 
加藤シゲアキ:まぁ、お話おもしろいですけど…。
 
小山慶一郎:言ったらさ。シゲへの目線はさ、スカパラさんからしたら「シゲくんも入ってきて」みたいな。
 
加藤シゲアキ:いや!一瞬思ったよ!俺、一瞬その時にピュッとアクセル入れたんだけど。また盛り上がっちゃったわけよ!
 
小山慶一郎:(笑)
 
加藤シゲアキ:「あ…入れない。は、は、入れない」…シゲパラは現れなかった。
 
小山慶一郎:そうだね。まぁ、また何かあったら言ってくださいよ。
 
加藤シゲアキ:教えてあげりゃいいじゃん。だから、どうすんの?何がいいの?
 
小山慶一郎:あぁ~、そっかそっか。
 
加藤シゲアキ:その、例えば(会話の)入口とかさ。
 
小山慶一郎:入口?だから…。
 
加藤シゲアキ:その上司とかの飲み会を楽しむ方法。
 
小山慶一郎:楽しむ方法…えっ、だから見た感じ気になることが絶対あるはずなんだよ。じゃあ、まず何飲むのかとかさ。
 
加藤シゲアキ:うん。
 
小山慶一郎:一杯目とか。「やっぱビールなんですか?」か、わからないけど。もしかしたら。
 
加藤シゲアキ:「お酒飲まれるんですか?」とか。
 
小山慶一郎:そうそう。とか、なんかこう…「家でも飲むんですか?」なんて話もいいでしょうし。
 
加藤シゲアキ:「お酒の失敗ありますか?」とか。
 
小山慶一郎:そうそう。とか、軽く上司のネクタイなんて覚えておいてね。「前のアレ、素敵でした」なんて言ってね。
 
加藤シゲアキ:あぁ~。衣服を褒める、ね!
 
小山慶一郎:ちょっとネクタイなんて知って覚えておくとさ。
 
加藤シゲアキ:「素敵なお召し物ですね」みたいな。
 
小山慶一郎:そう!みたいな感じで「前の緑のチェックのやつ、良かったです」みたいな、わかんないけど。だから、そんなのから入ると上司も「あっ、この子見てるんだな」みたいなことじゃないですか?
 
加藤シゲアキ:大事なんだね、そういうの。
 
小山慶一郎:うん。いこうぜ!大丈夫だよ~!みんな、だって同じ環境だからね。
 
加藤シゲアキ:うん。
 
小山慶一郎:どうなんですか?その『(白熱ライブ)ビビット』では、人見知りもなく?だって、それこそ皆さんとも…。
 
加藤シゲアキ:しますよ!(スタジオの)皆さんとはしないですけど、ロケ先とかするよ!
 
小山慶一郎:ロケ先でしてるの?ロケする人でしょ?
 
加藤シゲアキ:インタビューする時とかに。
 
小山慶一郎:ハハハハ!(笑) 人見知ってんの(笑)
 
加藤シゲアキ:人見知って…(笑) しんどいなぁ。全然できるのよ!俺も会話やって、ラジオとかでもゲストの人いっぱい来るし。
 
小山慶一郎:あぁ、そうだね。
 
加藤シゲアキ:だから、できるの!俺はたぶん、社交性…人見知りのなかでは、すごいトップオブ社交性!
 
小山慶一郎:ハハ、うん(笑) あるよ。大丈夫だよ。
 
加藤シゲアキ:けど…なんかいるよね。俺みたいな、芸人さんとかでもいるけど。極力本番だけでいいみたいな。
 
小山慶一郎:あぁ、そうだね。シゲ、そっちだね。
 
加藤シゲアキ:なんか…うーん。仲良くなったら、みっちり仲良くなるんだけど。
 
小山慶一郎:だから本番の時のカメラまわってる、オンでいけてる自分の社交性みたいなのあるっしょ?
 
加藤シゲアキ:あるあるある。それはだから、そのチャンネルを持ってると楽だと思うけどね。
 
小山慶一郎:それもなければ、ちょっとアレだけどね。そうね。
 
加藤シゲアキ:うーん…。
 
小山慶一郎:まぁ、まぁ、人それぞれね!
 
加藤シゲアキ:うん。まぁ、無理しないってことも大事ですけどね。
 
小山慶一郎:そうね。それが一番ね。

gad336

gad336

 - 小山慶一郎, 加藤シゲアキ , , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ジャニーズブログランキング

  関連カテゴリ新着記事