NEWS TGMS +plus

NEWSとテゴマスのあらゆる情報を毎日更新

テゴマス、女性の色気の磨き方を提言「ギャップを作る」「北海道で乳搾り(笑)」

      2015/12/20

2015年10月28日に放送された、手越祐也くんと増田貴久くんが宮島咲良さんとパーソナリティを務めるラジオ『テゴマスのらじお』(毎週水曜 23:30-24:00/MBSラジオ)にて。

「男友達を振り向かせたい」というリスナーのお悩みに対し、手越くん増田くんはそれぞれが思う色気の磨き方を述べていました。また、宮島さんも同様の悩みを抱えているということで、テゴマスが男性ならではの視点でアドバイスをしていました。

リスナーメール:私は男友達のことが好きです。いつも「貧乳」だの「色気がない」など貶されてばかりなのですが、どうにか振り向かせたいです。貧乳はどうしようもないので諦めますが、色気は磨けると思っています。どうしたら色気が出ると思いますか?また、女友達から彼女に昇格するには、どのような努力が必要でしょうか?アドバイスお願いします。
 
増田貴久:ほぉ~!
 
手越祐也:あぁ~。
 
宮島咲良:わかる~!!
 
増田貴久:わかる?
 
手越祐也:同じお悩みを?(笑)
 
宮島咲良:これはね…はい!同じお悩みを私も抱えておりますので、わかります。
 
増田貴久:じゃあ、答えてあげてください。
 
宮島咲良:いや、わかんないから聞きたいんですよ!逆に!(笑)
 
手越祐也:ハハハ!(笑)
 
宮島咲良:だったら私、悩んでないんですよ(笑)
 
増田貴久:あっ、そういうことか(笑)
 
宮島咲良:そうです、そうです。
 
増田貴久:先輩としてね?
 
宮島咲良:そうです。同じ悩みの先輩として。
 
手越祐也:どう思います?
 
宮島咲良:どうなんですか?
 
増田貴久:いや、「貧乳、貧乳」とか言う関係がよくわからないよね。
 
手越祐也:うん。
 
増田貴久:でも、自分で(ラジオネームを)“○っぱい”って言えるぐらいの…ちょっとネタにしてる感じなのかな?
 
手越祐也:もう、“ぱい”付けちゃってるからね。完全に。
 
宮島咲良:そうですね。でも、ネタにせざるを得ないんですよ…。
 
増田貴久:なるほどね。
 
手越祐也:でもさ、俺そんな…結構友達でいるけど、おっぱいフェチみたいな人。そんな重要ではないというか…。
 
宮島咲良:うん。
 
増田貴久:ん~。
 
手越祐也:どう?どう?…あっ、でも(増田は)おっぱい好きか、やっぱり。
 
増田貴久:ヘヘヘッ!(笑) 別に普通!普通です!
 
宮島咲良:ハハハハ!(笑)
 
手越祐也:本当ですか?(笑)
 
増田貴久:普通。人並みに、はい(笑)
 
手越祐也:アハハ!!(笑) その「ムフフフ」って、やめてくれない?(笑)
 
増田貴久:フフッ、いやいや!(笑)
 
宮島咲良:(爆笑)
 
手越祐也:その、突然振られた時の…ねぇ?(笑)
 
増田貴久:違う違う!振り方が雑なんだよ!
 
手越祐也:ハハハハ!(笑)
 
増田貴久:「おっぱい好きか?」とか言われたら否定もしづらいし、「うん、好き!」とも言いづらいし。
 
手越祐也:なるほど(笑)
 
増田貴久:どっちにいっても俺、ケガするって思ったの今。
 
手越祐也:なるほどね(笑) それで、あんな表情だったんですね!
 
増田貴久:今、どっちに転んでも、俺がケガする振り方をしたでしょ?
 
宮島咲良:しました、しました(笑)
 
手越祐也:はいはい。
 
宮島咲良:すごい雑でした(笑)
 
増田貴久:ひどかった。雑でひどかった。
 
手越祐也:あ、本当ですか?(笑)
 
宮島咲良:物凄かった(笑)
 
増田貴久:「俺はこうだけど…好きか、好きか!?」って。
 
宮島咲良:アハハハ!(笑)
 
手越祐也:ハハハハ!(笑) どうですか?
 
増田貴久:いや、普通ですよ!
 
手越祐也:ああ、本当ですか?
 
増田貴久:まぁだから…(貧乳とか)そんなこと言わないですけどね。他の人に。
 
手越祐也:言わないね!
 
増田貴久:うん。逆に、ちょっと気になってるとかなんじゃないの?そしたら…。
 
手越祐也:どうだろうね?イジッてるってことでしょ?
 
宮島咲良:うーん…。
 
増田貴久:ねぇ…?
 
手越祐也:色気かぁ~。
 
宮島咲良:色気がない。
 
手越祐也:でも、パッと見で「この子、恋してるんだろうな」とかって、わかるよね。
 
増田貴久:あぁ~。
 
手越祐也:わかるわかる。
 
宮島咲良:えぇー!?
 
手越祐也:全部わかる!
 
宮島咲良:あっ!そっか、手越さん仰ってましたね。
 
手越祐也:俺、全部わかるのよ。
 
宮島咲良:すごいですね!全部…怖い(笑)
 
増田貴久:なんで、そんな自信を持って言えた?(笑)
 
手越祐也:えっ?俺、スカウターついてるから。
 
宮島咲良:スカウターついてるんですか?(笑)
 
手越祐也:ビビビビビビビッ!つって。
 
増田貴久:ついてるんだ。
 
宮島咲良:恋愛スカウター?
 
手越祐也:そう。恋愛スカウターついてる。
 
宮島咲良:へぇー!
 
増田貴久:ふぅん。
 
宮島咲良:恐ろしい。
 
増田貴久:壊れてるんじゃねぇの?それ(笑)
 
手越祐也:ウッソ!
 
宮島咲良:うん。そんな気もする。
 
手越祐也:大丈夫、大丈夫!一応、2015年型なんだけど。
 
増田貴久:本当?
 
宮島咲良:最新バージョンですね。
 
手越祐也:最新バージョン。1年ごとにアップデートしてるから。
 
宮島咲良:そうなんだ。怖いですね。
 
増田貴久:そういうタイプなんだ。
 
手越祐也:そうそうそう。
 
宮島咲良:なるほどね。
 
増田貴久:スカウターって、そういうタイプ?USB…繋ぐの?
 
手越祐也:あぁ~。USBだったり、Wi-Fiだったり。
 
増田貴久:Wi-Fiもあるんだ!
 
宮島咲良:Wi-Fiも繋がるんですか!
 
手越祐也:Wi-Fiでこう…そうそう。
 
増田貴久:「新しいのきてますよ、ピピピ」みたいなこと?
 
宮島咲良:ピピピって?
 
手越祐也:そうそうそう。ポップアップがボンッて出てくんだよ。
 
増田貴久:何分ぐらいかかるの?
 
手越祐也:何が?
 
増田貴久:アップデートするのに。
 
手越祐也:あぁ~、だからその…型と年によるよ。あと、Wi-Fiの強さに。Wi-Fiだったら…5分。
 
増田貴久:家だったら?家で5分?(笑)
 
宮島咲良:5分、家で5分…アハハハ!(笑)
 
手越祐也:4Gで、でも15分~…ぐらいかな?
 
増田貴久:かかるね!かかるね!
 
手越祐也:海外だともう、えらいこっちゃ!
 
増田貴久:繋いじゃったら?繋いじゃったら、ちょっと。
 
手越祐也:繋いだ方が早い!それはもちろん、もちろん。
 
宮島咲良:なるほどね!
 
手越祐也:そうそう。
 
宮島咲良:怖い怖い。
 
手越祐也:そうなのよ。
 
増田貴久:なるほどね!
 
宮島咲良:(リスナーの相談に)答えましょ?これね?
 
増田貴久:うん、フフッ(笑)
 
宮島咲良:フフフ(笑)
 
手越祐也:いや、だから恋してることじゃないの?
 
増田貴久:うーん。
 
宮島咲良:まぁ、色気がどうやったら出るか?と、あとは…。
 
増田貴久:でも、だから恋してるんでしょ?
 
宮島咲良:そうです、そうです。
 
増田貴久:だから、この彼に対して、どう色気をアピールするか?
 
宮島咲良:(アピール)するか、どうやって友達から彼女に昇格するか?っていう。
 
手越祐也:…いや、でもその男の性格わかんないじゃない?
 
増田貴久:うん。
 
宮島咲良:でも、そうやって言ってくるような人なので。まぁ、どっちかっていうと、ちょっとこう…何ていうんですかね?
 
増田貴久:おっぱい好きだろ、おっぱい好き。
 
宮島咲良:おっぱい好きっていうか(笑)
 
増田貴久:言っちゃえ!言っちゃえ!(笑)
 
宮島咲良:ちょっと、おちゃらけたい…なんだろ?
 
増田貴久:言っちゃえ!言っちゃえ!フフッ(笑)
 
宮島咲良:明るい?…わかんない!(笑)
 
増田貴久:言っちゃえ!(笑)
 
手越祐也:でもさ、わかんないけどギャップありそうじゃない?そうやってさ、イジるぐらいじゃん?
 
増田貴久:うん。
 
手越祐也:っていうことは多分、あんまりドキドキする対象として見てなかったりとかする可能性もあるじゃん。
 
宮島咲良:うん。
 
手越祐也:それが例えば、何かの拍子で二人きりになって…ちょっと、例えばボディタッチしたりとか。ちょっとなんか、セクシーな表情したりとかした時に。普段そういう風に思ってない分、「えっ?!」って。「普段イジってるあの子が、こんなことしてくるの?」みたいなのあると思うんだよね、俺。
 
宮島咲良:あぁ!ギャップ…?
 
手越祐也:ギャップ!
 
増田貴久:ほう~!なるほどね。
 
宮島咲良:へぇー!
 
手越祐也:普段ならもう…見た目エロい人がエロくてもさ。まあまあ、「だろうな」みたいな感じだけど。そういう対象じゃない人が突然、例えばSになって攻めてきたりとかしたら。俺、ドキッとすると思うんだよね。
 
宮島咲良:へぇ~…。
 
手越祐也:普段、何も思ってない分。
 
増田貴久:うーん。
 
宮島咲良:なるほど~!
 
手越祐也:うん。
 
増田貴久:なるほどね!
 
宮島咲良:じゃあ、まず二人きりになる環境を作るってことが大事ですね?
 
手越祐也:そう。例えば、飲みの席とかで隣に座って。ちょっと、なんかこう…ボディタッチしてみるとかさ。
 
宮島咲良:うんうん。
 
手越祐也:結構そういうの、男弱いからさ(笑)
 
増田貴久:あぁ~。
 
宮島咲良:そうなんですね。やっぱり。
 
増田貴久:一緒に北海道に旅行に行って乳搾りしてみるとかね?
 
手越祐也:おぉ…どうした?どうした?
 
宮島咲良:フフッ(苦笑)
 
手越祐也:おっぱいから?
 
増田貴久:そそそ…。
 
手越祐也:あぁ~…。
 
増田貴久:ちょっと、なんかその…ちょっと、エロい気持ちに…(笑)
 
手越祐也:あぁ~…ちょっと、その話広げてもらっていい?
 
増田貴久:フハハハ!(笑)
 
手越祐也:聞きたいから。
 
宮島咲良:一人でお願いします。
 
増田貴久:本当?
 
宮島咲良:はい。
 
手越祐也:うん、いいよいいよ。
 
増田貴久:いやだから「乳搾り行こうよ!」みたいな。なんか、ちょっとこう…「ん?あれっ?」みたいな。
 
宮島咲良:うん。
 
手越祐也:うん。
 
増田貴久:「乳搾りかぁ…!」みたいなね。フハハハ!(笑)
 
宮島咲良:ハハハハ!(笑)
 
手越祐也:なるほどね。
 
増田貴久:うん。どう?どう?
 
手越祐也:いやいや、俺は大丈夫よ。聞いてる側なんで、どうぞどうぞ。
 
増田貴久:でも俺、本当に一回…北海道とかで絞りたての牛乳を飲みたいね。ロケで。
 
手越祐也:うん。
 
増田貴久:それが言えたら、いいかな?
 
手越祐也:いやその…違うの。まったく、その論点が違うのよ。
 
増田貴久:ん?
 
手越祐也:乳搾りの話じゃねぇんだよ。
 
増田貴久:ん?
 
宮島咲良:うん。
 
手越祐也:本当に。
 
宮島咲良:はぁ~。そうですよ、ダメです。そんなんじゃダメです。
 
手越祐也:はい。
 
宮島咲良:そういうの求めてない。
 
手越祐也:低レベルすぎるから!
 
宮島咲良:そうです、そうです。
 
手越祐也:ええ。
 
増田貴久:そっか。なんか、ないですか?みやみや的に、ちょっと今までの経験談的には…?
 
宮島咲良:でも、こう言ってくるのは、逆に気になってるっていうこともあるのかな?と思うんですけど。
 
手越祐也:まぁ、ナシじゃないな!
 
増田貴久:ポジティブにね。
 
宮島咲良:イジりたいみたいな。
 
手越祐也:ありえる、ありえる。
 
増田貴久:よく言われるってことは「こいつ、ちょっと私のこと気になってんな」って思ってるってことでいいですよね?
 
宮島咲良:って思っていいかも、わかんない。
 
手越祐也:なるほど!
 
宮島咲良:両方?…わかんないですけど。
 
増田貴久:まぁ…そんなね、イジッてくるぐらいの関係ってことはね!
 
宮島咲良:そうそう。そうです。
 
増田貴久:良い関係ではあるんだろうから。
 
手越祐也:ねっ!
 
宮島咲良:うーん。
 
増田貴久:ちょっと、だからギャップをね。いつもと違う服装をしてみるとか。
 
手越祐也:うんうん。
 
宮島咲良:あとはまぁ、やっぱ二人きりの環境を作って。
 
手越祐也:そうだね!
 
宮島咲良:ちょっとボディタッチしてみるとか。
 
手越祐也:うん。ドキドキすると思うけどね。でも、いいじゃんね!恋愛して好きな人がいるっていうの、楽しいじゃんね!
 
増田貴久:いいよね!
 
宮島咲良:素敵ですよ~。
 
増田貴久:しかも友達を好きになれるって一番いいんじゃない?関係的には。
 
手越祐也:いいね!
 
宮島咲良:うん。素晴らしい!
 
手越祐也:良い関係ですね。すごく。
 
増田貴久:応援してるんで。
 
手越祐也:そうだね!
 
増田貴久:また教えてほしいね!
 
宮島咲良:結果をね!
 
手越祐也:うん。
 
増田貴久:いっぱい、○っぱい(リスナーの)状況を。
 
手越祐也:そうね。○っぱい(リスナー)の状況を。
 
増田貴久:お願いします。
 
手越祐也:頑張ってね!
 
宮島咲良:頑張ってください!

(ゲストライター:ゆいてぃ@c40ver)

gad336

gad336

 - テゴマス, 増田貴久, 手越祐也 , , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ジャニーズブログランキング

  関連カテゴリ新着記事