NEWS TGMS +plus

NEWSとテゴマスのあらゆる情報を毎日更新

加藤シゲアキ、小山慶一郎の味覚に疑問「小山さんは口が小学生」

   

2015年5月9日に放送された、加藤シゲアキくんがガレッジセール・ゴリさんとパーソナリティを務めるラジオ『らじらー!サタデー』(土曜 21:05-23:00/NHKラジオ第1)の、リスナーから「こんなはずじゃなかった」エピソードを紹介するコーナーにて。

大人になるにつれて苦手だった食べ物を食べられるようになっていく理由や、食べられるようになった物について話をしていました。また加藤くんは、小山慶一郎くんが30歳を超えて苦手な食べ物を克服していることについても語っていました。

リスナーメール:大人になったらシソの葉やミョウガ、らっきょうとか食べられるようになると思っていたけれど…いい大人になったが、まったく食べられない。好きなものは学生時代と何も変わらない。こんなはずじゃなかった。
 
ゴリ:うんうん。俺は好きになる派だね!
 
加藤:俺もなったね~!山菜を食べれた時に「俺、大人になった~!」って。
 
ゴリ:わかる!ミョウガが本当に美味しいと思ったもん!
 
加藤:でも絶妙ですよね!やっぱ苦いし、変わった味してるし。
 
ゴリ:漬物とかさ、ピクルス系とかもさ。
 
加藤:旨いけどね~。
 
ゴリ:何が美味しいのか意味がわからなかったもん!酸っぱいの、わざわざ食って。一歩間違えば、靴下みたいな臭いじゃない?酸っぱくて。でも、たまんないわぁ~。
 
加藤:でも、だんだんやっぱ変わってくるのもあってビールとかも最初、不味かった気がするんですよね。ある日、急に美味しいでしょ?パクチーも!
 
ゴリ:うぉー!好き!
 
加藤:最初、でもダメだったでしょ?
 
ゴリ:意味が分かんなかった!
 
加藤:「くっせー!何で食べなきゃいけないんだ」と思ってたのに、今じゃパクチー山盛り食べたいって思うじゃないですか?パクチー爆弾。
 
ゴリ:食べる食べる、うん。
 
加藤:食べたいなぁって思うでしょ。やっぱ変わるんですよね。
 
ゴリ:あれ、なんなんだろ?人間ってさ、ベロの上にブツブツあるのわかる?穴が。これ、味蕾(みらい)っていうんだけど要するに味を感じる穴ね。子供ってさ、すごく味蕾が発達してて、だから子供ってトマト食べれないとか酸っぱいもの食べれないとか苦いゴーヤが食べれないとかってあるんだけど。あれって結局、自己防衛本能で動物的本能で酸っぱいもの=腐ってるとかさ、苦いもの=毒っていう風に人間が考えるからベーって吐いちゃうんだって、子供って。
 
加藤:なるほど、なるほど。
 
ゴリ:じゃあ、なんで大人になって食べれるようになるかっていうと、やっぱ味覚がどんどん…味蕾っていう穴が減っていくのか衰えていくのか。
 
加藤:って言いますけど、どうなんですかね?
 
ゴリ:そう。だから全然、食べれるようになるらしいよ!そこも1個あるらしい。
 
加藤:本当なのかな?
 
ゴリ:もちろん慣れて食べていって酸っぱくてもこれは大丈夫、腐ってないとか苦いからって、これは毒じゃないっていう知識も入ってくるから、どんどん食べれるようになるんだけど。なんかそういう、やっぱベロも落ちてくるみたい。
 
加藤:いや本当、意味わかんないんだけど(笑)うちの、だから小山さんはね。わりと口が、やや小学生というか。だからビールとかも最近、30歳とかで美味しくなってきたとか日本酒とかも最近覚えたとか今になってアナゴが食べれたとか。
 
ゴリ:いや、アナゴは(笑)
 
加藤:味覚元気!あの人の味蕾が若い!たぶん、じゃあ。
 
ゴリ:アナゴは別に子供の時から食べれない?(笑)
 
加藤:よくわかんないんだよね。ウニとかも食べれないって言ってて。ある日、まぁ良いウニと出会ったんでしょうけどね。やっぱり生臭くないものと出会ってから美味しいって言い出したりとか、よくわかんないんだよね。あの人。

gad336

gad336

 - 加藤シゲアキ , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ジャニーズブログランキング

  関連カテゴリ新着記事