NEWS TGMS +plus

NEWSとテゴマスのあらゆる情報を毎日更新

友人の娘にプレゼントしようとしていた『500色の色えんぴつ』について加藤シゲアキが熱く語る

      2015/04/08

3月29日に放送された加藤シゲアキくんがパーソナリティーを務めるラジオ『SORASHIGE BOOK』(毎週日曜 23:00-23:30/FMヨコハマ)の、番組に届いたメールを紹介しながらテーマに沿って近況を語るコーナー『シゲの部活』にて、友人の娘さんの誕生日プレゼントとして考えていた『500色の色えんぴつ』が、いかに面白いのかということが熱く語られました。

この友人の娘さんというのは、2014年3月23日に放送された同番組の同コーナーにて、加藤くんの友達に『NEWS LIVE TOUR 2012 ~美しい恋にするよ~』のDVDを貸したところ、そのDVDをキッカケに友達のそのまた友達の娘さんが加藤くんのファンになり、4歳の誕生日にサプライズ訪問を行ったというエピソードとして語られたことがあります。

加藤:僕のお友達に、話したことあるのかな?画家の方がいてですね。その画家の娘が、今月5歳になったんですけど、何をキッカケか…まぁ友達だからか、僕のCDとかDVDをパパママが買って見せてるうちに「僕のファンになった!」って。5歳の女の子なんですけど、可愛いわけですよ。で、まぁ僕ら家に遊びに行くんですね。子供いるからさ、どこにも行けないので、みんな男同士集まってその家で遊びながら飲んだりするわけですよ。
 
で、そこにかこつけて子供の誕生日ということも含めて、誕生日会だけど大人たちは騒ぎたいだけみたいな会があるんですけど(笑)一応、誕生日プレゼントとか買うわけじゃないですか?で、誕生日プレゼント…5歳に何が良いかなっていうところで、皆で一つ良いものをプレゼントしようということを話し合ったんですけど、僕は絶対にあれが良いと思ったんですよ『500色の色えんぴつ』っていうのがあるんですね。で、まぁ画家の娘だしすごく感性の豊かな子だし親もそう願ってるだろうし、子供のプレゼントだけど子供が喜びながらも親も喜べるような良いものがいいなということで『500色の色えんぴつ』があるのは知っていたので、それがいいなぁと思って。で、最終的には『500色の色えんぴつ』は買えなかったんですよ。
 
なんか、どういう風に発売しているかっていうと25色の色えんぴつが20か月かけてちょっとずつ送られてくるんですって、たぶんオーダーメイドみたいな感じで。で、『500色の色えんぴつ』もちろん相当な数があるんで迫力もあるんですが、もう一つすごいのはですね、これ知ってるかな?知ってる人も多いと思いますけど、名前がすごいんですよ!例えばですよ、一番白いやつかな?一番白いやつは『クレオパトラの真珠』とかですね、なんか(笑)『中秋の名月』とかね『洋梨のコンポート』とかね、カッコイイんですよ!『雨を喜ぶあまがえる』とかね、かと思いきや『屋久島のおさるさん』とかもあるわけです。「もう何色かわかんねーよ!」みたいな(笑)で、なんかこう『シャム猫の澄んだ瞳』とか、そういうのがずっと続くんですけど一番笑ったのがですね『ポンパドゥール夫人の笑顔』フッハッハ(笑)誰!何色だよ!俺、まず誰だよ!って言ったけど、あのでもポンパドゥール夫人ってフランス革命時代の方で、ポンパドゥールって髪型のね、名前にもなった方らしいんですけど、いやぁ超面白いなぁと思って、何色だよ!っていう。
 
え~これ、でも結局500色は買えなくて150色のね、それはなんか名前がそんな風にないんですけど、買ってあげたんですけど。なんかカッコイイやつもあれば『浅草の手焼きせんべい』とかさ、面白いんですよね。「これ、ずっと見てられるね」って、俺が欲しいわ~!と思って。これだって『傷心のティラミス』ってさ~、傷ついたティラミスってなんだよ!って、本当おもしろいの。これ、ぜひオススメです。ホームページに行くと全部、その名前が出てるんで「これだけで呑めるね」なんて友達と言ってたんですけど。

参考リンク
500色の色えんぴつ図鑑 – フェリシモ

gad336

gad336

 - 加藤シゲアキ , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ジャニーズブログランキング

  関連カテゴリ新着記事