NEWS TGMS +plus

NEWSとテゴマスのあらゆる情報を毎日更新

「未来シアター」最終回で、これまでを振り返ったコヤシゲ「3年間で僕らは羽鳥さんのこと雑に思い始めてるのかもしれない(笑)」

   

小山慶一郎くんと加藤シゲアキくんが、羽鳥慎一さんとMCを務めたバラエティ番組「未来シアター」(金曜23:30-24:00/日本テレビ系)、最終回を迎えた3月27日放送回にて、これまでの3年間について振り返り、NEWS再始動が決まっていないなかで番組が始まったことや、番組とともにNEWSの活動を見守った羽鳥さんについて語られました。

羽鳥:いやぁ色々ありましたよ~どうですか?この3年振り返って。
 
加藤:そうですね、まぁNEWSとしても4人になってまだ始動するかしないかっていうちょうどその時期だったので、僕としてもすごい色んな3年ではあったし、その中で色んな毎週、刺激を受けて頑張ってこれたなって思います。
 
羽鳥:その再出発でNEWSがグッとまた一つになってっていうのは、近くで見てて何かこう4人で出したアルバムが1位になり、シングルが1位になり、なんかライブで人をたくさん集めてるのを見てるとすごいよかったなぁって思いますね。
 
小山:羽鳥さんすごいのって、あの~情報を全部知ってますよね!NEWSの!
 
羽鳥:NEWS?
 
小山:はい(笑)詳しいですよね!アルバム出したでしょ?とか、あの曲よかったよ!とか、まだ渡してないのに聞いてたんだとか。
 
羽鳥:そう、今回まだもらってないなぁと思ってるんだけど。
 
小山:あっ、頂いてなかったですか?
 
羽鳥:うんうん。
 
加藤:あれっ?
 
小山:あっ、それはじゃあ…
 
加藤:なんか、すいません(笑)
 
小山:それはなんか、すいません。
 
羽鳥:あっ、1位になったな~なんて思いながらね。
 
加藤:ハッハッ(笑)
 
小山:あれ~?!(笑)
 
加藤:3年間で僕らは羽鳥さんのこと雑に思い始めてるのかもしれない(笑)

おまけ~加藤先生から3年間を締める格言

これまでに番組で紹介した革新者をダイジェストで紹介した最終上映後は、羽鳥さんが泣いてしまうという一幕もありましたが、改めて最後を締める挨拶を求められた加藤くんが、2014年12月26日放送回の格言「真の革新とは異常なこだわりから始まる」につづき渾身の格言を放つと、なんとも言えない空気のなかで番組の歴史に幕を下ろしました。

羽鳥:どうしましょう?最後、締めは。
 
小山:加藤先生にね、バシッと3年間の締めの格言を頂いて。
 
加藤:いや年末にやったばっかりだよ!
 
羽鳥:じゃあ加藤先生、お願いします。
 
加藤:「未来シアターは終わっても革新者の歴史は終わらない…次の革新者はあなた達です!!」
 
m9(∵)・・・
 
小山:(笑)
 
羽鳥:こうやって終わる番組もあるんだね。
 
加藤:(笑)
 
小山:そうか~閉館か~!
 
加藤:終わりました、終わりました。
 
羽鳥:終わりましたね~。え~、本当に3年間ごらん頂きまして、どうもありがとうございました。未来シアター、これにて閉館でございます。どうもありがとうございました!
 
小山:ありがとうございました!
加藤:ありがとうございました!

余談ですが、締めの格言がまるで「爆笑オンエアバトル」を彷彿とさせるもので、あまりの衝撃に当たり前だった金曜日が無くなってしまう喪失感が、ぶっ飛んでしまったナカノヒトでした。3年間で築き上げたチームワーク、さすがでした。小山くん、加藤くん、羽鳥さん、お疲れ様でした!

gad336

gad336

 - 小山慶一郎, 加藤シゲアキ , , , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ジャニーズブログランキング

  関連カテゴリ新着記事